SISTERSな日常

1990年、8月1日。それは、真夏のある朝の事だった。
「おはよう。気分はどう?」
誰かに……美しい女性に起こされ、僕は目を覚ます。
「起きたら朝御飯、食べにいらっしゃい」
状況が理解出来なかった。彼女が誰なのか、いや、そもそも自分が誰なのか、此処がどこなのすら認知出来ない。
辛じて頭に残っているのは。バイクに乗っていて事故を起し、気を失っていた事だけ。
その後、僕は彼女と何日か過ごし、ここでの生活を学んでいく。ここはとある田舎の一軒家。
周りは見渡す限り原っぱで、大いに自然に富んだ場所だ。何故彼女がここに1人でいるのかはわからない。一応三人家族らしいが、彼女……千秋さん以外に見た事はない。
何故僕を助けてくれたのかも不明だが、仕事をさせてもらい、置いてもらってる。
でも、僕はあろうことか、千秋さんに欲情を抱いてしまっていた。子供がいる未亡人というのにも関わらず、未だに若く、美しく、むっちりした体付きで……。
ノーブラでタンクトップ何か着るし、風呂上りもバスタオル一枚でいるし……。
この日の夜も彼女の事を思い、自室でオ○ニーしてしまう。
「千秋さん……千秋さん……」
「なに?」
え!?
――これは、人妻や美少女とエッチな事をしまくっちゃうお話し。是非ご堪能ください。
借金 相談 大分県

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です